お客様の声

当Acoustic Gardensで購入されたギター(主にカスタム)のレビューを紹介しています。

モデル名: HF-560S NA ctm、HF-770S NA ctm

お名前(ニックネーム): CKEN谷口さま

アコースティックガーデンズ(AG)で3本のギターを購入したCKEN谷口です。

1本目 9月13日 HJ-OSAMURAISAN ctm
2本目 9月28日 HF-560S NA ctm
3本目 10月31日 HF-770S NA ctm

1本目のOSAMURAISANについては、既に投稿したので感想はお分かりのことでしょう。
2本目の560Sと3本目の770Sについて本日は投稿します。

OSAMURAISANは音はいいのですが、ドレッドノートタイプでボディが大きく、さらに厚み105〜120mmと厚めです。
私はセミアコを好んで弾いてきた(ボディが薄い)のでピッキングポジションが遠くに感じ、この遠さは非常に辛いのです。ということで、ボディの厚みが薄いものを探しました。

このボディのピッキングポジションは、私には譲れないポイントで、以前持っていたYAMAHAも馴染めませんでした。
厚みがあると、なんだか、ギターを弾いているのではなく、弾かせてもらっているという感じになるんですよね。

また一方、こんなこと言うと笑う人もいると思いますが、高級機を買うと“ギター様”になってしまい、対等感が保てなくて劣等感・気後れを感じることになります。
“そんな馬鹿な”と言われるかもしれませんが、私はそうなんですよね。普及機をバリバリ使うという方が性に合っているということだと思います。
ちょっとくらい角が当たっても、スリ傷が付いても、俺のギターという感じで対等に勝負できるのです。
そうした方がギターを弾く機会が増えるし、結果上達も早いと思います。まあ身の丈に合った道具(楽器)を使うということですね。

話は大きく逸れたので、HF-560Sに話を戻します。
AG店では、この機種が人気があるということで、それを試奏させてもらいました。これはくびれが大きいフォークタイプで、ボディの厚みも90〜105mmと、OSAMURAISANに比べたら20mm薄いので構えたときのホールド感がしっくりきます。
このギターは弾いているという実感が得られました。
音は、サイド/バックが サペリ の私の好きな輪郭のはっきりしたサウンドなので、これを買うことにしました。

そして後日、NETを検索していると、HF-770Sを見つけました。これはサイド/バックが ローズウッド の製品です。ちょっと気になっていました。

そうこうしていると、家に来た友達がOSAMURAISANを譲って欲しいと言い出したので、これは渡りに船とばかりOKしました。

それで、AGの店主にHF-770Sを見たいと申し出たところすぐに仕入れてくれたので、見に行きました。
サイズは560Sとまったく一緒でした。
音は560Sより深みのある音で、愛用にできそうな雰囲気のギターなので、購入することにしました。

これが、3本のギターを購入したドキュメントです。

ということで、今は「一見したら同じじゃないの?」というギターを2本所持しています。
これから長年弾いてみて、どのように成長するかが楽しみです。

最後に、アコースティックガーデンズさんは、じっくり選べるし、店主の人柄も対応もいいし、特別に鳴り、響きが良いようにAGカスタムチューンアップもしてくれるので、絶対お勧めのお店ですよ。

モデル名: HJ-OSAMURASAN ctm

お名前(ニックネーム): CKEN谷口さま

大阪府
当方、69歳のおやじ(おじいちゃん?)です。
若い頃、ブルースロック系のオリジナルバンドを少々やっていました。
京阪電車の西三荘駅前在住です。

自己紹介はこれくらいにして、
先日、偶然ショップ前を通りかかり、このお店を見つけました。
一般の民家のようでシャッターが降りていて、完全予約制とあり、ちょっと
敷居が高かったのですが、思い切って連絡し、伺いました。

一目見て、この店主さんとは馬が合いそうだと感じました。
あらかじめホームページでこだわり加減を見ていましたが、実際に話してみ
ると、それ以上の薀蓄家でした。(笑)

予約専門でじっくり弾かせてくれて、他に誰もいないので試奏しても恥ずか
しくないのは、この店ならではの環境です。
店構えも構っていないので、ふらっと行けるし、まさに実質的で、大阪人に
とっては大歓迎の店です。

取り扱いは商品は、HEADWAY(ヘッドウェイ)専門です。

私はセミアコ、フルアコが好きで、数本持っていますが、アコギは余り興味
ありませんでしたが、このHEADWAYのギターを聞いて認識を新たにし
ました。
今まで聞いてきた中でも、最高に凄いアコギです。
マジ、全てのギターが激鳴りなんです。
選ぶ楽しさで、目移りして、なかなか帰れないです。

5万円前後の機種がメインですが、高級機として14~16万位の機種もあ
ります。
さらに操作性、タッチ、音色などのチューニングが施されたジャパンチュー
ニングモデルも、2000円アップくらいで展示されています。

私は、2時間半ほどいて、いろいろ弾かせてもらいました。
結局、HJ-OSAMURAISANというギター、税別定価65,000円
をショップ価格50,000円で購入しました。

これに決定した理由は、次のポイントです。
・軽い
・本当にビックリするくらい軽いです。おじさんにはもってこいです。
・クリアーな音質
・なんでこんなに音が弾けているのか不思議なくらいクリヤートーン
です。
・弾きやすい
・指板がとにかくスムーズに動きます。
・弦高が低い
・私はエレキ派なので、持ち替えに違和感がまったくありません。
・見栄えが良い
・このギターは濃いサンバーストの光沢で、ボディの縁取りは黒、3本の白いラインが入っていて格好いいです。
・店主お勧め
・最後に、店主さんが個人的にも欲しいと言ったことです。

久しぶりに”鳴る生ギター”に出会えて、良かったです。
長々と欠いてすみません。
チョイスの参考になれば幸いです。

もう1本、ライトな機種を買おうかな・・・・

モデル名: HEADWAY HF560S Ctm

お名前(ニックネーム): Pitoshiさま

大阪府
たまたま、友人のHEADWAY HF560S Ctmを弾く機会があり、「鳴りの良さ」と「お手頃価格」にビックリしました。
どうも、カスタムして鳴りを良くしてるそうです。

後日、お店を訪問して色々弾き比べて購入しました。
ユニークな店主にもビックリしましたが、満足な一本でした(笑)

HEADWAY HF-560S NA ctm

お名前(ニックネーム):H.Nさま

大阪府

伝説のグループ、フォークボーイズのギタリストがショップをオープンしたとのことで、早速お祝いに駆けつけました。
普段はギブソンJ-45のエレアコを使っています。アンプを通せば問題がありませんが、生の指弾きでの音の貧弱さに悩んでいましたが、店主おすすめのこのギターはその悩みを解消してくれました。
デイサービスセンター等への弾き語りボランティアをしていますが、アンプ無しでも一音一音がしっかり響き、ベストパフォーマンスを実現してくれます。
正直、身内ですけど店主の言葉に嘘はないです!

HEADWAY HJ-560S SBctm

お名前(ニックネーム):手塚山のジョニーさま

奈良県

ブログを見てアコギの鳴りの良し悪しを聞き分けることが出来るというので訪問。
店主の顔を見て笑ってしまったが、音は凄かった! HEADWAY HJ-560Sが気に入り、ソク買い(汗)
どないしてカスタムするのかは企業秘密らしいけど、何かあるのは間違いないと思います。
高音も低音もはっきりして、サウンドホールからドーンと出てくる!
同じギターと比べれば判る。
価格が手頃でこの音なら買いと思いますよー!
友達には教えたくないかな(笑)

レビューの投稿お待ちしております。

是非ともレビューしていただけるとありがたいです。
レビュー投稿いただいた方には、次回来店時、店主からなにかサービスがあるかもしれませんよ(笑)

お名前(ニックネームでも構いません。)

お住いの地域

モデル名

レビューコメント

画像掲載も出来ます。ギターの画像を添付下さいね。